聡明な人の意味と特徴、なるためにやるべきこととは?

 

賢く、相手の言葉を瞬時に察し、即応できる人のことを「聡明」と言います。

主に女性に対して使われることが多い傾向にあり、そんな人は周りから一目置かれることでしょう。

字面だけ見れば何か特別な才能の一つのように思えてきますし、実際そういった部分もあるとは思います。

けれどある程度は普通の人でも到達できる可能性があります。

今回は聡明な人の意味と特徴、なりたい人がやるべきことについて解説していきます。

1 「聡明」の意味

「聡明」とは物凄く理解が早く、条件反射で相手の言いたいことを全て把握できる様を意味する言葉です。

抱負な知識というよりも、素早い対応という意味合いが強いような響きですよね。

まるで土ふるいにかけ、純度の高い砂だけを手に取るような、要領の良さを想像させます。

物事の理解がスムーズに自分の中へ落とし込まれ、より精度の高い選択肢を並列で処理していくことを指しているといえるでしょう。

2 聡明な人の特徴

聡明な人には目に見えて分かる特徴があります。

それを真似する事が一番の近道であり、実践と回数を重ねる事によって完全にとはいかずとも、より効率的に辿り着けるといえます。

下記で詳しく見ていきましょう。そして、該当する人が身近にいないか探してみましょう。

特徴1 一歩目が早い

聡明な人はとにかく行動が早いです。躊躇いというものがありません。

知識として知っているからなのもあるかとは思いますが、まずはやってみることを念頭に動いています。

子供の頃から長い年月をかけて脳に染みついているのでしょう。

とりあえずやってみて次に活かす。失敗を失敗のまま終わらせない不屈の精神があるのです。

要は慣れ。そういった行動の積み重ねが大人になって花開いた結果と言えます。

間違いを恐れない勇気。これが聡明な人の特徴です。

特徴2 平等に接する

誰に対しても分け隔てなく接することができるのも、聡明な人の特徴です。

相手の気持ちを慮るのがとても上手いのでしょう。普通の人ならつい言ってしまうような蔑みの言葉も、言われたらどんな気持ちになるかどうかを知っているので、仕返しはしないのです。

自分自身の感情や意見も含まれています。常に客観視しているから余分な言葉が出ず、嘘や虚飾で自分を守ろうとはしません。

利他的でもなく、利己的でもない。その間、絶妙な線引きの上で公正にあろうという態度で物事を計ることが出来る人なので、主張がブレずに筋の通った言葉を的確に発言することが出来るのです。

よって正しい基準を持つことができ、平等に接することを可能とするのです。

特徴3 知識を活かせる人

知識が豊富で、いわゆる頭の良い人が聡明な人とは限りません。いくら蓄えても肝心な時に引き出せないようでは、宝の持ち腐れです。

インプットとアウトプットを同時に活かせる人が聡明な人の特徴だと言えます。

例えば難しい言葉を敢えて使う人。こういう人は世間一般では一目置かれません。

誰にでも分かる言葉を分かりやすく組み替え、使いこなしている人に信頼が集まるのです。

何故なら、ひけらかすという感情を持たないから。相手の立場になって考えることができるので、安心させることができます。

人によって言葉を合わせられる。共感意識を繋げる能力が優れているので、自分の知識を活かせやすくしているのです。

2 聡明な人になるためにやるべきこと

聡明な人になりたいと思ってもできない。

そんな方のためにどうすればそうなるか、やるべきことは何かといったことを紹介していきます。

普通の人でも近づけるよう心の持ち方やありようを積み重ねていこうといった内容となっています。

やるべきことその1 雑念を捨てる

仕事中、ふとした時に何か別の事を考えた経験はないでしょうか。

それを雑念といい、それこそが頭の回転を遅くさせている原因なのです。集中力の欠如とも言います。

思考する領域を部屋と例えると分かりやすいかもしれません。何もなければないほど、頭の回転がスムーズに行われ効率よく循環します。

脳の断舎利を行いましょう。考え事をしないように癖をつけて集中力を高めるのです。

それでも集中力は長続きしませんので、適切な状況を見極めその場その時だけ使えるようコントロールしましょう。

そのためには深呼吸が効果的です。寝る前に、何も考えずに五分行う事によって雑念が消えていきます。

毎日していると脳や体が深呼吸の状態を覚えていき、普段も使いこなせるようになっていきます。

何事も積み重ねが大事だということです。聡明な人は雑念を捨てることに慣れているものです。

やるべきことその2 対極の意見を持ってみる

聡明な人がやるべきこととして、対極的な意見を持ってみるのもいいでしょう。

視野を広め、幅広い知見を得ることができ、様々な意見に対応しやすくなります。

視野が狭まると、自分と違う考え方を持った人から学べなくなり、否定することしかできなくなります。

一つの正解を突き詰めるのではなく、多様な価値観を取り入れることで、思っても見ないような発想が生まれることがあるのです。

必要なのは偏らないこと。より理解を深め、どのような世代にも耳を傾けられるかが、聡明な人とそうでない人を分けてきます。

やるべきことその3 とことん話し合う

とりあえず実践してみましょう。試行回数を増やすことで聡明な人に近づけます。

コミュニケーションをはかり、とことんまで話してみるのです。そうして自分の世界を拡張していきましょう。

この言葉を使えばどういう反応になるのか、場はどんな空気になるのか、きちんと相手を理解しようとしているか。公正か平等か臆してないか。

そういった事は読み取って学習していくしかありません。

相手を思いやるために相手を知る。聡明な人にはそれが備わっています。

終わりに 聡明な人になる道のりは険しい

聡明な人の意味と特徴、そしてやるべきことを紹介してきました。

やはりどうしても時間がかかってしまいますし、努力も欠かせません。

そして、意識しないと培われないものでもあります。

相手の気持ちになって言葉を紡ぐように心がけると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です