結婚に向いている男性の特徴4つとは?

 

結婚に向いている男性と交際しないと将来苦労する事になります。

何故なら高確率でモラハラ化するからです。

本性が出ていると言うのでしょうか。とにかく子供で自分優先。

我が身可愛いのでしょう。自分を守りたい。

こうなってしまってはストレスの溜まる人生を送らなければいけません。

質の悪い事に結婚した後でしか気づけないことも多いです。

「こんなはずじゃなかった」と自分が不幸にならないために、もう一度相手の男性を見極めておきましょう。

今回は結婚に向いている男性の特徴4つを紹介していきます。

あなたの彼氏が当てはまっているかどうか、一度確認してからでも遅くはないです。

結婚に向いている男性とは?

結婚に向いている男性とは一体どのような人物を指すのか。

年収や容姿が優れている男性と結婚しても後悔している女性がいる以上、

スペックが高いだけでは向いているとは言えないのでしょうね。

よく考え、よく耐え、活力があり、相手の気持ちを考える度量が備わっている男性こそが、

女性を幸せに導けるのだと思います。

それでは、詳しく見ていきましょう。

結婚に向いている男性の特徴① 偏りがない

何事もやり過ぎれば迷惑なだけです。

綺麗好きも、過ぎれば潔癖。

貯金も、過ぎれば守銭奴。

元気があっても、過ぎればうっとうしい。

それは個性なのかもしれませんが、人を巻き込むのはいただだけません。

一つに寄り過ぎない、偏りがない男性が結婚に向いていると言えるでしょう。

そうでないと、環境の変化に適応できず成長できなくなってしまいます。

結婚は酸いも甘いも共有しなければいけませんから、

何かに拘っていれば受け入れられなくなってしまいます。

何を言っても暖簾に腕押しでは関係を維持できません。

相手の器に入る度量が必要になってくるでしょう。

結婚に向いている男性の特徴② 貯金をしている

貯金をしている男性はあらゆる意味で結婚に向いています。

生活水準を自ら下げられ、いざという時の準備も怠らず、物欲もあまりない。

それは将来をちゃんと考えられるという意味でもあり、

我慢強さの象徴でもあるからです。

結婚して子供を産めば、様々な困難が付きまとうでしょう。

お金、睡眠時間、休日、安息がこれでもかと言っていい程少なくなります。

そんな時我慢強くなければ、周囲にやつ当たりしてしまいます。

最悪暴力にまで発展し、女性のみならず子供にまで手が伸びてしまうことになりかねません。

産後の怨みは死ぬまで続く、と言われています。

追い詰められた時こそ本性が出るものではないでしょうか。

真正面から露骨に聞くのではなく、それとなく話題が上がった時に貯金額を聞いておきましょう。

数百万の蓄えがある男性なら、きっとこの項目に該当します。

結婚に向いている男性の特徴③ 体力気力がある

結婚には体力気力が必要な時がたくさんあります。

産後はもちろん、休日は子供を遊びに連れていったりと、あらゆる状況が想定されます。

仕事で疲れてるから、なんて通用しません。

いつでも頼れる父親でないと、子供は育たないのです。

そのためには体力気力が多い父親でないといけません。

死んだ魚のような目では悪い影響が出てしまいます。

できることもやれなくなっていき、だるそうにしてるのを見るだけで妻は苛々してくるでしょう。

なので結婚前から体力気力があるかどうかを見ておきましょう。

残業も平気でこなすくらいでないとあなたに家事を押し付けてしまうかもしれません。

結婚に向いている男性の特徴④ 共感性がある

こうした時、ああ言った時、相手はどう思うか。

これを我が事のように感じ取れる男性でないと、結婚には向いていないといえます。

マイペースでは立ち行かない事も出てくるでしょう。

妻は怒っている、怒鳴り返す。ではなく、何故怒っているのかに焦点を向けられなければ、

悪いとさえ思えないのです。

妊婦中の時率先して行動するなどの気づかいも当たり前となっていきます。

共感性がないとできないことです。

女性と話す時にそれは如実に表れます。共感するのではなく、解決するための言葉を言ってしまうような男性には注意した方が良いでしょう。

終わりに 結婚に向いている男性は多くない

結婚に向いている男性の特徴4つを紹介してきました。

全部当てはまる男性は多くありません。どんなに頭が良くても、どこか甘えがあるものです。

結婚を経て成長する、と言えば耳当たりは良いのかもしれませんが、

成長できず、変われないままの男性も中にはいます。

周りがいくら念を押しても「余計なお世話」としか思えないんですよね。

でも大人になれば誰しも性格や考えが固まっていってしまうので、普通と言えば普通なのです。

とはいってもできるなら、結婚に向いている男性と結婚したいものです。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です