器が小さい男の特徴を紹介!

 

女性から器の小さい男として見られる特徴とはなんでしょうか。

簡単に言ってしまえば「何も与えない男」であるといえるでしょう。

「釣った魚にエサはやらない」ということわざがありますが、そもそも最初から何も与えないのです。

そんな男は周囲から浮きやすく、敬遠されやすい傾向があります。人は支え合って生活を営んでいるということを理解していないからです。

今回は器の小さい男の特徴について紹介していきます。世の男性たちはこれを機に行動を改めてみるといいかもしれません。

器の小さい男の特徴

特徴1 他人に厳しく自分に甘く

器が小さい男は、基本身勝手です。他人には厳しく細かく指摘し、自分は同じレベルの結果を出さないといった、言動を繰り返します。

自分のせいという意識は皆無であり、誰かのせいにすることで、失敗は自分の責任ではないと転嫁したいのでしょう。

他人は自分より下だと本気で思っているので、傲慢な態度を崩せないのです。

自分を客観視できていればそうはならないはずですが、残念ながらそれがないので改善しようとはしません。

結果何も変わらず周囲の人間を嫌な気分にさせ続け、自分の中にある苛立ちも抑えられないといった悪循環をまき散らします。

器が小さいとは、要するに弱いということなのです。

そして、自分を最優先するという行為が、癖どころか生活の一部になっている段階にまできています。

他責しかなく自責の念が欠けているのでしょう。自責を持った人なら、失敗したのは自分のせいだと思いますし、仮に他人が失敗しても間違いは誰にだってあるという考え方をするはずです。

しかしどうしても他人のせいにしたい器の小さい男は、何故失敗したのか問い詰めたり、きちんとやっていたと自己を正当化する思考に至ってしまうのです。

器の小さい男は常に、自分には甘く他人には厳しいといった、はた迷惑なことをしてしまうのです。

特徴2 けちくさい

他人のためにお金を使いたくない。これも器の小さい男の特徴だと言えます。

自分のためだけに使うだけにあり、消費なんて言語道断といった偏った思想を持っています。

割り勘も一円単位からきっちりと取り立てることでしょう。奢るなんて絶対にしません。

会計時は人格が垣間見えるといった説もあるくらいですから、相手のこともきちんと尊重して気を使わなければいけません。

難しい場面ではありますが、だからこそ真剣に向き合う必要があります。

それを蔑ろにすれば、しかも女性であったなら恋も冷めてしまうことでしょう。

自分の物を取られるようで嫌だ、という気持ちが根底にあるのかもしれません。

子供の論理です。故に器が小さい男はモテにくいのです。

特徴3 自分の思い通りにならないと不機嫌になる

器が小さい男の中には、自分の思い通りにならないと不機嫌になる人もいます。

自己顕示欲が強く、自分を中心に世の中が周っていると勘違いしているからでしょう。

何もかも自分が掌握しているとそう思わずにはいられず、そのため自分のいない場所で物事が進んでいると気に入らないのです。

少しでも自制心があるなら、押さえ込むことも可能なはずなのにそれを敢えてしないという人もいますね。

自分を出すのが必須の環境ならば許されるでしょうが、どんな環境でも同じ行動を取っている人が大半です。

世の中には自分だけではどうしようもないことが存在すると本当の意味で理解していないように思えます。

そのため、器が小さい人は他人の活躍を受け入れるだけの度量がないのです。

特徴4 アドバイスを聞かない

器の小さい男は常に自己流で、人のアドバイスを聞こうとする柔軟な対応ができません。

口では「分かりました」と言いながら、「自分は正しい、間違っているのは向こうだ」と自分の中で定めているのです。

アドバイスは、その人にアドバイスするだけの価値がある人間に向けられるものであり、言われているうちが華です。

思いやりがあるのであって、決して悪意から言っているのではありません。

しかし、頑なに根拠のない自分のやり方を貫くのです。

だからこそ、人の話を真面目に聞こうともしません。意見を交換する場ではきっと何も発言しないでしょう。否定されても曲げないことを決めているからです。

別の角度で見れば自分の世界を持っていると捉えることもできるかもしれません。ですが、集団行動でそれをすれば足を引っ張る結果にも繋がります。

思考が凝り固まっており、自己流で、人の話を聞かず、周りに合わせない。それが器の小さい男の特徴といえます。

特徴5 他人が失敗や不幸になると安心する

他人が失敗して怒られたり、不幸になって悲しんでいるのを見ると内心で安堵する。

この気持ちになる傾向が多いのが、器の小さい男の特徴です。

何も仕事場だけではなく、親族や友人恋人関係にも等しくそういった感情を抱きます。

下に見れる、という優越感に浸りたいのでしょう。人が弱っているのが大好きなのです。

逆の場合もあります。人が幸せだと不公平だと思い、成功とすると素直に喜べない。面白くない、といった感じです。

自己承認欲求が強すぎて、人を見上げるという現実に耐えられないのです。

人生において達成経験が少ないのでしょう。周りを見下げなければ自分を保てない人が、器の小さい男です。

終わりに 器の小さい男はすぐに分かる

器の小さい男の特徴を紹介してきました。

そういった傾向にある男性はすぐに周囲から浮くので分かりやすいです。

不幸が訪れた時などは特にそれが顕著になって表れることでしょう。

できれば関わり合いたくない部類の人ですが、もし身近にいるならなるべく距離を取ることをおススメします。

誘われたら当たり障りのない理由を言って、受け流すように対応するのがコツです。

少しでも付き合ってしまえばストレスになってしまうので、良い事は一つもありませんよ。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です