キープされる男の特徴を知って本命になろう!

 

恋愛になると何故かキープされる。あなたはそんな経験がありますでしょうか。

キープされる男性には特徴があります。更に言えば自覚の有る無しもあります。

もちろん恋愛も人間関係ですので男性側が一方的に悪いとは限りません。運が悪く、折り合いが悪く、女性側にも問題がある場合もあるでしょう。

ですが、だからといって何も改善しないでいると状況は一向に好転しません。付き合うか別れるかはっきりしないと時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。

今回はキープされる男の特徴について紹介していきます。一つでも当てはまっている時はできる範囲で改善していきましょう。

キープされる男の特徴6つ

好意を抱いている女性が自分に対して反応が鈍い。遊びには行くけど、ガードは固く常に予防線を張られている気がする。

キープされている原因は「彼氏にするには何かが足りない」と思われているのかもしれません。

そこで好きな女性の彼氏にはなれない特徴6つを以下で詳しく説明していきます。

特徴1 優しいだけ

女性が悪口を言っても笑って受け流す。頼んだら何でもする。物事を好き勝手に決めさせる。

そんな優しいだけの男性はキープされることが多いです。

女性に優しくするのはとても良い事ですが限度があります。

何故なら過度に優しくするとそれが当たり前になって、感謝の気持ちが薄れていくからです。

いつの間にか、「優しい」から「都合がいい」に変わっていき、対等に見れなくなっていきます。

つまり、舐められるのです。下に見られては交際にまで発展しません。

女性が抱く好意とは憧れの感情に近く、自分にはないものを持っている男性に恋をします。

ですから優しいだけだと機嫌を窺っているようにも捉えられる危険性があります。自分の態度次第で右往左往する男性には魅力を感じづらいです。

このように、優しくしてさえすれば女性に好感を得られるというのは間違いであり、お礼を言われただけで舞い上がっている場合ではないといえるでしょう。

対処法 たまには友達程度の対等な距離感で接してみる。それで機嫌が悪くなるならその程度の関係だったという事であり、次の女性を探す方が吉。

特徴2 何を考えているか分からない

どんな質問にも曖昧な態度で答えて、本心かどうかもわかりづらい男性はキープされるでしょう。

こういった男性は自己表現が薄く、自分からアプローチもしない場合が多い傾向にあります。

基本受け身なのです。何をするにも相手のアクションが先で、自分は後からついていくだけ。返すだけ。

女性は男性にリードされたいものなので、選択を委ねると「頼りない」という印象を抱いてしまいます。

口説く時も似たような雰囲気になりがちで、気持ちが高まらずに本気が伝わってこないと「適当に扱われている」と思われ、逆に適当な扱いをされるようになります。

本気には本気。正面には正面。男らしい態度が求められるのです。

対処法 自分の気持ちを言葉に出すように心掛ける。

特徴3 しつこい

しつこい男は嫌われます。嫌われるだけなら距離をとられるだけなのでまだましですが、何かの拍子で女性の琴線に触れてしまうと、しっぺ返しをするためにキープして、とんでもない災難に遭うことがあります。

女性は基本的に優しいですが、恋愛対象から外した男性を残酷に扱うことがあります。高い物を買わせてから疎遠になる、などの例があります。

そうならないようにあまり女性をしつこく口説くのは止めておきましょう。

男性は彼氏がいる女性にしつこい傾向があるように感じます。「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、自分もその幸せにあやかりたくなるのでしょう。

しかし大抵は鞍替えしないのが男女の共通です。一度アプローチして断られたら引いたほうが無難です。

ですが運良く機会に恵まれれば、一気に逆転できる可能性があるので、一概に止めておいた方がいいと言えないのがこの項目の妙と言えます。

彼氏と喧嘩している時、マンネリ化してきた時に口説けば女性もなびくかもしれません。

相手の反応に注視、といったところでしょうか。

対処法 ゴリ押しは禁物。かといって何もしないのも勿体ない。一度口説いて、相手の行動を観察することが必要。とにかく慎重に。

特徴4 話に共感する

女性はお喋りが好き、というのは男性でも知っているところですが、共感さえしてればいいと思っているのがキープされる男の特徴です。

話を聞いて共感するだけなら女友達でも出来ます。むしろ同性の方が相槌のタイミングを理解していたりするので、ますます必要ありません。

とはいえ男性主導で話しても女性はストレスを感じてしまいます。話すことで緊張をほぐしている面もあるからです。

表面では平気そうに見えても、内心では悩んでいたり不安だったりを行き来しているのが女性という生き物です。

「じゃあどうすればいいの?」と思われるでしょうが、はっきりいって明確な答えはありません。人によるとしか言えません。

でも論点はそこじゃないのです。別に話なんて合わなくてもいいのです。

大事なのは自分と違うことであり、歩み寄る姿勢があるかどうかにかかっているからです。

対処法 質問された時だけ答える。自分を出すことを過剰に怖がらない。

特徴5 一途

女性は言葉で「一途で誠実な人が好き」と言いますが、本気の本気で一途なのも重たいと感じてしまいます。

自分が想っているくらいと同じ分だけ踏み込んで欲しい、というのが本音になってきます。

「君以外考えられない」という必死さが戸惑わせるのでしょう。余裕ある男性に惹かれるのが女性です。

この人は余裕がないから自分の気持ちを察することができない。そう結論付けられれば、キープされる結果になることでしょう。

一途過ぎては気持ちが冷めてしまうのです。そして、利用という行動に出てしまうのです。

大切に想うことは素晴らしいことであるはずなのに、何故嬉しさと鬱陶しさが同居してしまうのか。恋愛の永遠のテーマですよね。

対処法 想いは同率にする。できないなら受け入れてくれる女性を探す。

特徴6 単純が過ぎる

女性の言動に一喜一憂する単純さもキープされる男の特徴と言えます。

扱いやすいと思われるからなのでしょう。低い労力で利益を得られる、そんな思考が第一にくるほど隙が多く見えていると思われます。

女性は男性に守られることに安心感を覚えます。ですから自分に振り回される程度の男がいざという時に守れるはずもないと、本能的に忌避してしまうのです。

そして恋愛対象から外れていき、でも何かを得ないと勿体ないという気持ちに駆られキープしてしまうのです。

言われたことを真に受けてしまうような単純が過ぎる男性は、御しやすいし楽なのでしょう。逆の性質を持った男性をキープしたりは絶対にしません。

対処法 言葉に惑わされず行動を見て、利用されていないか冷静に考える

終わりに キープされる男は下に見られている

キープされる男の特徴を紹介してきました。

ようは下に見られているのでしょう。女性から弱いと思われたらその時点でキープの選択肢に入れられるといっても過言ではありません。

キープされる男性は基本的に男らしさが足りないように見受けられるので、強い男を意識しながら押し付けがましく振る舞わないようにするのが賢明です。

女性の反応を見つつ少しずつ自分をカスタマイズしていくと、恋愛は上手く行くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です