初デートで映画はダメ?その理由とおすすめの場所を紹介!

 

初デートに映画館をチョイスしてしまう男性は意外と多いです。

予約が簡単で、雰囲気作りも簡単、共通の話題も生まれる。

一見良いことづくめのようにも思いますが、初デートにはおススメできません。

その理由と、なら場所はどこが良いのかを紹介していきます。

1 初デートが映画館ではダメな理由

何故初デートで映画館ではダメなのか。それはコミュニケ―ションが後回しになるからです。

「映画の後で感想を言い合いながら、少しづつしていけばいいじゃん」と思うかもしれませんが、

始めと後では情報共有の質が違います。

集中力の問題です。勉強に没頭できる時間は限られていますよね。それと同じです。

初デートが始まってからの時間は、女性があなたにする興味はマックスです。しかもデートなので一種のわくわく、つまり興奮状態になっています。

何せ与えられた情報が少ないですから、相手を知ろうと努力します。

しかし映画を見てしまうと、興味があなたから映画に移り、知ろうとする気持ちが落ちていきます。

悪い意味で落ち着いていくわけですね。せっかくの関心が半減していきます。

1・2時間何も話せず、相手を知ろうとしている貴重な時間を自ら無駄にしてしまうわけです。

女性も馬鹿じゃありません。時間を無駄使いしていると気づいた時、あなたの評価を下げざるを得ないでしょう。

よって初デートの場所に映画館は選ばない方が無難です。

終わりよければ全てよし、という言葉がありますが初デートに限って言うなら「始めよければかなり良し」です。

2 初デートにおすすめな場所

ならばどこがいいか、という話になりますよね。

はっきり言って相手の好みによりますので、事前にリサーチしておくのが最善です。

でもリサーチできない、できなかった場合もあるでしょう。

以下ではおすすめのデートの場所を紹介していきます。

場所1 食事

シンプルに食事だけというのもありです。人の話し声が聞こえてこない個室なら尚良いです。

お互い誤魔化しがきかない直球勝負。コミュニケーション能力だけが結果を決します。

正に一長一短。話をするのが苦手な人に場を盛り上げる事は難しいでしょう。

しかし次の店に繋げやすく、女性からの合否が分かりやすいです。

その気がなければ誘われても行かないですし、人混みに紛れて手を繋ぐこともできます。

歩く時間が軽減できるのもメリットといえます。女性はヒールを履いたりして足の疲れが男性より早いですから。

嫌いな食べ物は事前に聞いておきましょう。

デートの数をこなしたい男性にはおススメです。

場所2 屋内の娯楽スポーツ施設

陽の当たらない屋内のスポーツをする娯楽施設。これが意外に女性受けが良いです。

バドミントン、テニス、卓球、ボウリング、ボルタリング。

大人になるとあまりする機会がないスポーツは、久しぶりにやってみると楽しくて気分を明るくしてくれます。

スキンシップを通じて親しみが湧く可能性が高く、心の距離がグンと近くなります。

そのまま食事にも繋げやすいですし、最高の気分で会話を楽しむことができるでしょう。

運動が苦手な女性や、静かな場所を好む女性にはあまり受けないことが欠点でしょうか。

その時はダーツなどを取り入れてもいいかもしれません。

あと、このチョイスをする場合は、服や靴は動きやすい物を着用してくるよう事前に言っておきましょう。

終わりに 初デートはシンプルに

初デートで映画がダメな理由と、デートにおすすめな場所を紹介してきました。

難しく考えず、とは言っても相手と向き合うことを決心してデートに挑みましょう。

男性が映画館を選ぶ理由は「何も考えなくてすむから」に集約されると思います。面倒くさいのでしょう。

女性の扱いが適当な男性は好かれませんので、堂々として事に臨む必要があります。

シンプルで良いんです。ですが自ら逃げ道を作っては、女性にその軟弱さが見抜かれてしまいます。

真正面から女性を口説ける強い男でありたいものです。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です